カテゴリーなし

/カテゴリーなし

DriveScaleのコンポーザブル インフラストラクチャがNVMe Over TCPをサポートし、データ集約型コンピューティングで新たな次元のパフォーマンスを実現

業界ですでに広く導入されているTCP for NVMe over FabricsとDriveScaleのコンポーザブルソリューションを組み合わせて活用することで、NVMeの採用拡大を促進 2019年4月3日、米国カリフォルニア州サニーベール発:データ集約型ワークロードに理想的なコンポーザブル インフラストラクチャを提供するトップベンダーであり、ガートナーからクラウドインフラストラクチャ分野の2018年注目ベンダー(2018 Cool Vendor by Gartner for Cloud Infrastructure)に選出されたDriveScaleは、同社のフラッグシップ製品であるDriveScale Composable Platform(ドライブスケール コンポーザブルプラットフォーム)がさらに進化し、新たにNVMe over TCPをサポートしたことを発表しました。この機能強化により、大規模なエンタープライズはNVMeの最新標準の機能を活用し、導入済ストレージソリューションのさらなるパフォーマンス向上が要求されるビッグデータや機械学習アプリケーションの要件に即座に対応可能となります。増加を続ける昨今のワークロードへの対応にレガシーインフラストラクチャが苦慮している中、DriveScaleがNVMe over TCPに対応するソフトウェアベースのソリューションを提供開始したことで、お客様はそのような難題にもプロアクティブに対応可能になります。 企業は今、業界を問わず先進の分析機能を活用する能力を持ち合わせており、ビジネス戦略の特徴付け、事業運営の効率化、不正行為の特定、顧客とのリアルタイムのエンゲージメント確立に役立てることで、自社の成長を促進しています。コンサルティング会社のマッキンゼー社のレポートによると、機械学習や深層学習をはじめとする先進の分析機能によって、すべての業界全体で毎年最大15兆米ドル相当のビジネスバリューが生まれると予測されています。このバリューを創出するために、企業のIT部門はさらに多くのデータを保存することになるため、計算能力とストレージをシームレスにスケールアウト可能でコスト効率の優れたソリューションを導入しなければなりません。 「データ分析のワークロードは、IT予算の増加をはるかに上回る割合で急増しており、IT部門は計算能力とストレージのリソース稼働率をさらに向上させることを求められています。DriveScaleのソフトウェア コンポーザブル インフラストラクチャにより、現在ご利用中のソリューションに比べて50%もコストを抑えるとともに極めて柔軟性の高いソリューションを導入し、お客様が所有するデータセンターにおいてクラウドインフラストラクチャのメリットを享受することが可能となります」と、DriveScale本社最高製品責任者、Denise Shiffmanは述べています。「DriveScaleのソフトウェアは、任意の計算能力およびNVMe SSDストレージで柔軟にサーバーリソースを構成し、Ethernetネットワークファブリック上で提供します。新たに標準TCPがサポートされたことで、あらゆるデータセンターでコンポーザブルNVMeの導入がさらに加速することになります」 NVMe Flashのメリット [...]

2019-04-26T17:47:35-07:00