コンポーザブルプラットフォーム

/コンポーザブルプラットフォーム
コンポーザブルプラットフォーム2020-04-23T15:31:22-07:00

Designed for scale, optimized for performance,
built for your budget

スケーリングを想定した設計、パフォーマンスのニーズに最適化、
予算に合わせて構築

DriveScale Composable Platformでは、低コストでヘテロジニアスなコンピュータ、ストレージそしてネットワークファブリックを使用し、ユーザーのアプリケーションやワークロードの要件に最適なコンピューティングとストレージのリソースを備えたサーバーを即座に構築可能になります。DriveScaleは、従来型のDASサーバーからコンピューティングリソースとストレージを構成要素別に切り離し、標準のEthernetネットワークで接続します。ユーザーは、最適なリソースで構成された適応性の高いサーバーの構築と容易な再構成が可能になります。サーバーは、ベアメタルやコンテナ型アプリケーションに最適な拡張性を備えたハイパフォーマンスプラットフォームにクラスタ化されます。

データシートを入手

サーバーを構築

DriveScaleのオーケストレーション用アプリケーションのComposerを使用すると、わずか数分でサーバーを構築できます。インターフェイスは使いやすく、ユーザーは要件やポリシーを設定するだけで、要素別に切り離された低コストなコンピューティングリソースとストレージリソースのプールから自動的にサーバーが構築されます。ワークロードが完了すると、リソースをプールに戻して次のワークロードに適した構成に再使用することができます。

アプリケーションに対応するプラットフォームを構築するために、各サーバーを構成してクラスタ化します。.

コンピューティングノードやストレージドライブはわずか数秒で交換可能です。

異常のある要素をすばやく交換

現在では、ストレージドライブに異常がある場合は誰かが物理的にドライブを取り外し交換する必要があります。DriveScale Composerでは、ドライブに異常が発生した場合でもそのドライブをサーバーから切り離し、利用可能なリソースプールからわずか数秒で別のドライブに交換できます。また従来は、サーバーに異常が発生した際の解決策は唯一、新しいサーバーを購入することでした。Composerでは、異常の発生したコンピュートノードをストレージドライブと同様に切り離し、リソースプールにあるスペアのコンピューティングノードを数秒で接続することができます。

コンピューティング能力の再配備

DriveScaleのサーバーを構築する際、ストレージドライブはEthernetファブリック上のコンピュートティングノードにマウントされます。ワークロードが完了した後、ストレージドライブ上のデータを残した状態でコンピューティングリソースを切り離し、そのリソースをプールに戻して別のアプリケーションやワークロードで再利用することができます。このDriveScale独自の機能によって、コンピューティング能力を無駄にすることなく、ネットワークの輻輳も最小限に抑えることができます。

サーバーのコンピューティングノードをクラスタから切り離して再利用することができます。

優れた可用性、パフォーマンス、セキュリティ、そしてクラウドスケールの拡張性を兼ね備えた
アーキテクチャ

詳細情報